脳ドックの基礎知識


脳ドックの基礎知識

脳の病気で知られる脳梗塞や脳卒中、くも膜下出血などは、発症してしまってからの治療では遅いため、いかに未然に防ぎ早期の発見ができるかが重要になります。そのために必要なことが脳ドックになり、自覚症状がない方にとっては脳の病気がないかどうかを調べるいい機会になる検査といえます。
脳ドックは、1980年代の後半から開始され、主な検査項目にはMRIやMRAがあり、一部の実施施設ではマルチスライスCTが導入されており、検査を受けることが可能になっています。これは画像が非常に鮮明で、検査時間と身体への負担が大幅に軽減されたものです。このほかには、脳波検査や心電図検査などが行われ、身体が苦痛に感じることはほとんどないものです。
脳疾患は、日本人の死亡原因の上位に入るもので、毎日が忙しく仕事に追われている人たちは、病気の兆候を見逃しやすいものです。一度脳ドックの検査を受けて、安心を手に入れることも大切なことです。

脳ドックについてまとめました

脳ドックとは、脳の血管障害や脳腫瘍などの病気を早期に発見したり進行を早期に予防するための検査システムです。

脳の病は、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血など死んでしまうこともあり、治療できても麻痺や言語障害などの後遺症が残ってしまうことも多くあります。
このような病気は発症してからでは遅いため、早期に予防することが大切になります。

脳ドックでは、そんな病気を発見することができる検査で、磁気と電磁波で縦横斜めの脳の断面画像を映し出せるMRI、同じ仕組みで脳の血管を立体画像として映せるMRA、脳の電気的な働きの状態を調べる脳波検査、血栓が作られていないかを調べる心電図、脳卒中を予防する血圧検査、病気や血液成分の異常を調べる血液検査、糖尿などを調べる尿検査などの検査を行います。

これらの検査を行うことで、脳卒中のほか、動脈瘤や脳腫瘍、認知症などの病気を発見することができるのです。
早期発見することで、生活習慣を見直し、病気の発症を回避することができることもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)